検閲前夜のひらログ

おひまつぶしになれば、さいわいです。

路傍の吐瀉物

くりかえすが、私は言われたことを言われたとおりにしか受け取れないご病気ぎみで、そのいちじるしいことといえば家の人にASDを疑われたほどである。調べ上げたところで私自身にとっては得られるものが少ないと踏んでいるから、受診はしない。まあきっと、ど…

ともしび

外出の「自粛」を「要請」されて以来、最愛の宇宙人といちども会わない。そろそろ、空白の最長記録を樹立したころだと思う。目下、愛をささやくすべとしては、チャットか通話か文通か。ひととおり試したうえで、このごろはビデオ通話が気に入っている。 あな…

退職を希望する理由

わたくしは怠惰で忘れっぽくて、こうして書きとめておくことによって、かろうじて感情や意思のわきおこったことを覚えておける体質ですから、以下はそのための備忘録であります。 つまり、おしりに火をつけるために、恥を晒しているのよ。いちどめの転職も、…

消去法の転職

理想の就職などというものは、私にはなくて、というのも、私の理想は、就職せずに生涯を閉じることなのだよね。と、最愛の宇宙人との通話中に夢を語ったところ「就活生に言わないで」とへなへな笑われた。それから「でも自分は入りたい会社に入れたら仕事を…

水槽の脳

寝支度をすませた最愛の宇宙人が電話をかけてきてくれるまで、半時間ほど待つ。私はすでに消灯した自室の毛布と毛布のあいだで、胎児の姿勢をとっている。母と妹いわく、寒いときの私の寝相は「丸」で、なるべく小さくなっている、ということらしい。こうす…