検閲前夜のひらログ

おひまつぶしになれば、さいわいです。

怒ることを覚えなさい

わが永遠の課題、それは思い出して怒るのをやめること。「やめろ」「私はいやだ」「その表現は不適切」等々を瞬発的かつ明示的に出力すること。 怒るのが好きな人って、まあ、そんないないとおもう。私だって好きじゃない。きもちよくなるために怒っている他…

女と女の映画が好きだ

私は女と女の映画が好きだ。けれど、とりたてて映画に明るいわけではない。白状すると、これまでに観たのは、観た順に『キャロル』『アトミック・ブロンド』『燃ゆる女の肖像』『お嬢さん』くらい。いたってかわいいミーハーだ。とはいえ、映画と出会うのに…

路傍の吐瀉物

くりかえすが、私は言われたことを言われたとおりにしか受け取れないご病気ぎみで、そのいちじるしいことといえば家の人にASDを疑われたほどである。調べ上げたところで私自身にとっては得られるものが少ないと踏んでいるから、受診はしない。まあきっと、ど…

水槽の脳

寝支度をすませた最愛の宇宙人が電話をかけてきてくれるまで、半時間ほど待つ。私はすでに消灯した自室の毛布と毛布のあいだで、胎児の姿勢をとっている。母と妹いわく、寒いときの私の寝相は「丸」で、なるべく小さくなっている、ということらしい。こうす…

ガスマスク

いままででいちばん、毒にも薬にもならぬどころか、毒としては作用しそうな、むろんためにならぬのはいつものことだが、うつくしくもおもしろくもないものを書く。ぐちをこぼす。はたして、おひまつぶしくらいには、なりましょうか。 いまこの国で、おまえの…